ニコニコ自作ゲームフェス2016

2016.02.06 Saturday
JUGEMテーマ:日記・一般


大概の方は既にご存知だと思いますが、
ニコニコ自作ゲームフェス2016に応募しました。


実況では正気を疑われましたが、
 ニコニコ自作ゲームフェス2016に応募したぞーー!!」


「なんか色々とアレで、全方位に喧嘩を売っていて、
 ありとあらゆる点でアウトだから、何の賞も貰えないだろうけどね。
 特にアレとかコレとか、〜この物語はフィクションです。
 登場する人物・団体・ 名称等は架空であり〜
 は通用しないでしょ」


「も、黙殺さえされなければ……!
 知名度さえ上がればいいんだよ!
 現に、実況者さんに見つけてもらえた!」



「審査員:そんなゲームあったっけなぁ?」



「やーめーてー!」


ニコニコ自作ゲームフェス2016の受賞者発表が2016年3月上旬、
でも、うちは何の賞も貰えないのは確実なので、
だいぶ先の5月頃にノベルゲーム部門の選考者の方々に寸評を貰える程度だと思います。
そこにつくであろう酷評を楽しみにしててください。





デジケットの売上ランキングにびっくり!

2016.02.04 Thursday
JUGEMテーマ:日記・一般


ふられぼ2のDL販売を委託しているDigiketにて、
ふられぼ2がアドベンチャーゲームカテゴリで1位を獲得しました!
(クリックで拡大)

さらに、同人ゲーム全体のカテゴリで、2位を獲得しました!
(クリックで拡大)


実況プレイの宣伝効果すげー!!
うちみたいな、まるで無名のサークルがここまで!
フルコンさんと湯毛さんには感謝してもしきれないな!!



さらには、Digiket全体での
一般向け同人作品の週間ランキングで5位を獲得しました!(2016年2月4日現在)
(クリックで拡大)

最高で4位だったことも!
(クリックで拡大)



一般向けの総合ランキング、興味深いね。
 一般向けといっても、女性向けホモやケモノが売れ筋なんだ。
 それに混じってうちの男性向けち◯ぽゲームが食い込んでいる!
 いや、ち◯ぽゲームだから、
 ち◯ぽゲームがぶち込まれている!



「動物の子が可愛いですね♪
 ジュエルペットやとらとらしまのとらじろうみたいに
 同人でも人気があるのですね。
 ――えっ? 動物の擬人化でなおかつホモ!?


「しましまとらのしまじろうです。
にしても、すごい世界を知った。同人って奥が深いなぁ」


ゲイのBLアンソロジー gift』の放つ
”俺らは絶対に勝てない”感!」


このお兄さんに勝てるはずがない
 

「このお兄さんにはぜったい勝てない。間違いない」


「全然『一般向け』じゃないような……。うちも含めて」



お買い上げ、ありがとうございます!





感想とかファンアートとか

2016.01.31 Sunday
JUGEMテーマ:日記・一般



「うちのゲームは、クリア後に登場するリンクからアンケートフォームに飛べるんですが、
 そこから感想をもらったら、ここのページにひっそりと掲載しています
 そんな中、ふられぼ2について、11月28日にこんな熱い感想が!」


まずこのアンケートの「中性」の項目の存在に感動しましたw何たる俺得。

画風が好きだったのをきっかけにプレイ。フリーのギャルゲとしては俺の中では神作クラスです!
TVのお笑いなんかじゃろくに笑わないが
いい具合にツボを突いてくるので
何度も声出して笑いそうになしましたwww

サブキャラの立ち絵が充実していたのも良かったです。
総じて、サブキャラがきちんと存在してる作品は良作が多いような印象を受けます。
外科医に至ってはスチルwww
そういえばこのテのゲームで両親健在一つ屋根の下って
珍しいですよね。地味ですがポイント高いです。
変に鬱っぽかったりご都合(定番)設定だったりしなくて。
全体的に愉快で良かったです、ホント。

筋金入りのフリーウェアフェチで
シェアになかなか手が出ないのですが
(お布施(?)願望はあるが、諸々の手続きが億劫)、
とりあえずフリーの他作品をやってみることにします。
願わくば全編フリーで色んな人にプレイしてもらいたいんですけど、
その辺は作者様の都合や考え方もあるかと存じますので。

本当に、お一人でお疲れ様でした!
それにしても、当方は1人で作ってる人の作品の方がツボにハマるのが多い気がするんですが、
何なんなのやら(知るか




「ここまで激熱の感想を貰えると、とっても嬉しいよね」


「ゲーム作っててよかったーと思える瞬間だよね。
 この感想に気を良くして、ガルパンの劇場版を観に行ったりしてそれも面白かった。
 そして数週間後、実況され始める直前かな?
 Twitterで僕をフォローしてくれた方がいた。
 そして、その方が実況プレイ終了後、お祝いにイラストを送ってくれた。
 それが昨日紹介したこれ!」


「いえーい、お兄ちゃんみてるぅうう!?」


「てっきり実況でうちを知った人かと思ったんだが、
 Twitterでお礼と掲載についてやりとりするうちに、
 11月28日に上記の熱い感想を送ってくれた人だと判明!
 倉下 遼さん、ありがとうございました!
 創作をしている人間には生み出したキャラに愛着を持ってもらえることが何より嬉しい!
 しかも誕生日祝いも兼ねてだって!
 いい年したおっさんの誕生日にプレゼントを貰えるなんてなかなかないぞー!」


「いくつになっても縁は降って湧いてくるし、
 大事にしないとね、というちょっと良い話でした♪」
 





実況プレイ動画を実況しよう! その2(最後)

2016.01.30 Saturday
JUGEMテーマ:日記・一般


なんか色々アレなギャルゲを二人で実況 その9【ふらすと!2nd Geek



「あぁ、終わってしまった……。
 実況してくださったフルコンさん、湯毛さん、
 視聴してくださった方々、ありがとうございました」


「ついつい、エンドカードを描いて送りつけちゃったり」


「プレイした人の生の声が聞けるとは、そしてそれが楽しんでもらえていた!
 作者としても幸福な3週間だったよ、マジで」


「そもそも、どういう経緯で実況が始まったの?」


「どうやらニコニコ自作ゲームフェス2016の応募動画を見て、
 チカ編を手に取ってくださったみたい。でもこれはまったく予想外の経路だった。


「ゲーム登録サイトのふりーむとか夢現とかじゃないんだね。時代も変わったもんだね」


「ニコニコ自作ゲームフェス2016についてはまた後日。
 確か実況開始が1月8日、しばらくは気づかずにいて、
 ようやく気付いたのが実況開始2日後の1月10日の21:00くらいだった。
 気付いた時には激しく動揺したよ」


「前日まで仕事で嫌なことがあって一日中ふて寝してた日曜日だったよね、確か」


「実況してくださったお二人が、同年代の方で良かった。
 散りばめたネタを逐一拾ってもらえたから。
 人を選ぶゲームであり、大概の人は冒頭で投げてるはずのうちのゲームですが、
 ノリや掴みや傾向が不明な冒頭を堪えて、賑やかにプレイを進め、
 盛り上げてくださったからこそ、辿りつけたシュタインズ・ゲート世界線ですよ。
 お二人の人気と人徳があってこそですわ」


「いやー、結構面倒くさい分岐があったけど、
 ちゃんとハッピーエンドまで辿りつけて流石!
 さすがにゲームを実況するほど普段から色々やり込んでいるからでしょうか、勘が良い。
 最初から最後まで下ネタ全開ですみませんでした。(・ω<)
 9割くらいはち◯ぽで押し切ったよね!


「ちなみに別ルートもそんな感じです。
 あと、下ネタ連呼のバカゲー展開からの落差っぷりに、
 すさまじい衝撃を受けたと繰り返されていた例のバッドエンドですが、
 本当にすみません。やり過ぎだったと反省しています」


「あれくらい怨念を込めて描かないとお兄がどれだけあたしを愛しているかを……」


「え? なんだって?」


「なんでもないですよーだ! お兄のバーカバーカバーカ!!」


「ちなみに他のルートのバッドエンドはそれほどでもないです。
 ちょっと世界が滅亡したりする程度です


「ちなみに私の赤さんはバッドエンドでも別に死んだりしませんのでご安心ください。
 さすがに絵的にまずいとの「せいじはんだん』がありました!」


「これからは日陰で細々とやっていくつもりだったのに、こんなスポットライトを浴びるとはね。
 人生、縁はどこに転がっているかわからない。思いつくことはなんでもやっておくもんだね」
 実況してもらえるとこんなに良いことだらけ!
 そして視聴していただいた方にはこんなイラスト描いていただいたり!






「あらかわいい♪」



「きゃー嬉しい♪」



送ってくださった倉下 遼さんとは、また別の談がありますので、そちらはまた明日!」



  
「……………………………………………………」


「ん、お前らどうした? 何か言いたそうだな」

  
「あのさぁ、言わせてもらっていいか?
 俺達が何を言いたいか、大体わかってるだろ?」


「はて? 一体どうした?」



「なんでニコ動のゲーム実況者って
 あんなにモテるんだよ!
 俺達だって女性ファンにきゃーきゃー言われてーよ!」



 

「僕もそれについては多いに知りたい」

 





実況プレイ動画を実況しよう!

2016.01.23 Saturday
JUGEMテーマ:日記・一般


なんか色々アレなギャルゲを二人で実況 その7【ふらすと!2nd Geek】


「実況プレイがパート7まで行ってるね。
 あー、今日はついに「あのエンド」かぁ……」


「わたしのいないところでこんなことが……」


「一体いつからーー、バカゲーだと錯覚していた?」


「あの強烈なエンドを見せつけておいて、すっごい楽しそう」


「注目浴びないと言えないだろー、こういうことはww
 てか、一生言えないかと思ってた!
 今なら脚本家、虚淵センセーの気持ちがわかるぜ!」


「というわけで、今日まで拙作の実況プレイを楽しんでくださり、
 ありがとうございました!次週からは、
 フルコンさんと湯気さんによる別のまともなゲームの実況をお楽しみください!」



「いや、まだ終わってないから!
 フルコンさんなら・・・湯毛さんなら・・・きっと何とかしてくれるから!
 多分……」





謹賀新年

2016.01.10 Sunday
JUGEMテーマ:日記・一般

新年あけましておめでとございます!
今年もどうぞよろしくお願いします!



「さてお兄、今年の抱負は?」


「抱負ねー。昨年落ちた夏コミに、また申し込んでみようかと」


「わぁ♪ 新作出るのですか!?」


「今から新作なんて間に合うわけがない(断言)
 まだまだ在庫が残っているふられぼ2のCD-ROM版を持って行こうかと」


「ですよねー。でも、すでにDL版も販売開始したのにそのまま出してもつまらないよ」


「そうだなー。脚を運んでくれた人向けの特典みたいなもんを考えておくわ」

〜〜新年のあいさつと抱負はここまで〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「さて、数日前からニコ動の実況プレイの方が、
 ふられぼ2の実況をやってくださっています。ありがとうございます!!」

なんか色々アレなギャルゲを二人で実況 その1【ふらすと!2nd Geek】

なんか色々アレなギャルゲを二人で実況 その2【ふらすと!2nd Geek】


有名な実況者の方で、再生数がすでに1万超えとか!」


「ありがとうございます! ありがとうございます! 土下座します!」


「実況されているのはフリーで公開しているチカ編なんだね。
 他のルートの実況もやってもらってもいいですよ。
 体験版は今、実況されているチカ編の他に、もう一種類あって、
 そっちの体験版は、香苗編とゆきの編が全体の1/5程度までプレイできます



「むしろ、じゃんじゃんやってください。
 みんなで「他のルートも実況してください」ってコメントしたらやってくれるかも!?」


「実況プレイ文化についてはよくわかんないけど、
 レストランと料理に例えるなら、人気のある料理に備えて食材を仕入れるんだから、
 再生数が伸びそうなゲームが第一なんじゃない?
 だったら、やっぱりコンシューマー機のほうが強いんじゃないかと」
 

「逆を言えば、再生数さえ伸びるなら、うちみたいなマイナーなゲームでも――」


「ここだけの話、製品版についても実況してもらっても別にこちらとしては、ゴニョゴニョ……。
 どうにも宣伝がヘタで、このままだと数多のゲームの中で埋もれていくだけなので
……


「それにしても、本文を声を出して読まれるのって滅茶苦茶恥ずかしいね……」


「どんな恥辱プレイだよ! でも洒落の解る実況者の方達で良かった。
 あんだけ酷いゲームなのに、楽しんでもらっているようで何よりです。
 とりあえず、すでに収録は終わっているようなので、
 陰ながらひっそりと楽しみにしています」





年末のご挨拶

2015.12.31 Thursday
JUGEMテーマ:日記・一般

さて、本日は大晦日。
2015年最後の更新です。
先ほどまで家の中の大掃除をしていました。

今年は何よりも新作を発表できたのが良かったです。
夏コミに落ち(↓)、コミティアに参加し(→)、
大阪という近場の同人ゲームオンリーイベントにも参加し(↑)、
ダウンロード販売も開始し(↑)、いろいろと貴重な体験ができました。

各イベントに参加するにあたり、いろいろな方に助けていただきました。
面と向かってお礼したいところですが、ひとまずブログより御礼申し上げます。

夏の作品発表後、現在、そして、これから一年くらいは本業のサラリーマン稼業が忙しいです。
ですが、今から次回作に向けて少しずつ動き出しています。
発表がいつになるかはわかりませんが、のんびり待っていただければ幸いです。


「それではみなさま、良いお年をお迎えください。
 来年もどうぞよろしくお願いします」





ダウンロード版の販売を開始しました!

2015.11.27 Friday
JUGEMテーマ:日記・一般


「YO!メーン! 2ヶ月ぶり〜」


「前の主だった更新が同人ゲームfes.2015の報告だっけ?
 この2ヶ月何してたの!」


「すみません。なんか最近仕事が忙しくなってきました……。
 まぁ、細けぇことはいいんだよ! さーて、ついに始まりましたよ!」


「トップページでも告知しましたが、
 ふられぼ2のダウンロード版が発売開始です!
 Digiket.com様でのお取り扱いです。
 下のバナーをクリックしますと販売ページにジャンプします」

[ヨーグルシンジケート] の【ふらすと! レヴォリューション 2nd Geek】





「じゃんじゃん買ってくださいねー。
 わたしのルートは数ヶ月に跨ぐ話ですが、クライマックスはクリスマスなので、
 是非ともクリスマスイブにやってもらいたいでーす」


「あたしのルートはわずか二日なので、秋の気配のあるうちにどうぞ」


私のルートも夏から冬までの数ヶ月の話ですが、
 クライマックスは冬なので、是非とも寒くなってきたこの季節にどうぞ



「このために冬まで発売を待ってたのかな?」


「ダウンロード版の販売に至るまでも、
 作者としては本気で凹んだが、他人事なら面白いToLOVEるがあったんだが、
 それはまた別の機会に」


「ネットでのゲーム購入ってちょっと面倒なんだよね。
 みんなクレジットカードとか普通に持っているのかしら?」


「そこら辺は気軽にポチればいいと思うよ。
 会員登録するのはちょっと、って人にはゲスト購入って制度ものもあるらしいし」


「価格は800円、イベントでの価格より高くなっちゃったね」


「ごめんなさい。ネット販売でも、店舗なわけで、
 そこに置いてもらうからにはマージンってものがありまして、割高になっちゃいました」


「でも! 高くなった分は何らかの形で還元したいと思います!
 例えば、ゆきのちゃんが脱ぐとか!」


「え!? 私が!?」


「チカちゃんルートで脱がなかったから是非とも脱いでもらいましょう!」


「でも自分のルートでは、脱い……」


「それではまったねー!」





生存報告

2015.11.14 Saturday
JUGEMテーマ:日記・一般

前回の更新から早くも二ヶ月くらいが経ちました。
なーんもやることがなくて、こんな休日はアニメを見まくって怠惰に過ごしております。
そろそろ、ふられぼ2のDL販売の準備にでも取り掛かろうと思います。

いや、何もしてなかったわけでもないか。
こちらのweb小説などの創作活動をされている方が大勢参加されている
「宿語りのシーガル」という企画にて、私も25KBの短編小説で参加させていただくことに。

参加者が96名と大変多く、公開は数名ずつとのことで、
拙作の公開はもう少し先になるそうです。うっわー、恥ずかしい。
あれだ、小学生の授業で作文の発表を待っている気分。ソワソワ

公開は1ヶ月後くらい先でしょうか? その際にはまた公表します。
 





「同人ゲーム.fes 2015」より帰還しました!

2015.09.22 Tuesday
JUGEMテーマ:日記・一般



「同人ゲーム.fes 2015 終わりましたねー。
 来てくださった方、サークル参加者の皆様にお礼を言っておいてくださいとメールが。
 当サークルにお立ち寄り下さりありがとうございました


「どうせお兄のことだから、華やかなサークルの影で見向きもされず、
 壁に向かって体操座りで「どうせ俺なんて……」とブツブツ言って――」


「ただいまー、今回は10部も捌けたぞ!」


「マジで!?」


「マジだお! 小規模なイベントかとおもいきや、盛況だったよ。 
 あと、前々からうちのゲームをやってくださっていた方が買いに来てくれたぞー!


「マジで!?」


「マジだお! ほら、前の記事にコメントがあるだろ」


「マジだった!」


「あとねー。お隣のサークルの巫女さんコスの女性が買ってくれた


「…………………………………………また騙したんだ


「言わないで…….・゚・(ノД`)・゚・
 自分はこんなにも器の小さい人間なのに……。
 世間の皆様は心が広いっすよね」





というわけで詳細なレポートでーす。


7:20
起床。出発の準備。
昨日までである程度は済んでいる。
「どうせ俺なんて……。俺の作ったゲームなんて……。
 サークル数17の小規模なイベントなのに、周りは
 ちゃんとしたサークルさんばっかりだし、どうせ0部だ。
 俺みたいなクソゲーサークルは見向きもされないに決まっている……」

とネガティブな気持ちになり、釣り銭用小銭も減らし、
持っていく部数も20部程度に絞る。

8:20
家を出る。電車の中でニコニコ配信のアニメを見る。
うわぁあああ! く、くるみちゃぁあああああああん!!

10:00
会場である大阪日本橋のポルックスシアターに到着。
普段は地元アイドルのためのライブハウスのようだ。
主催者の筆者さんと、サークル参加者さんが一名がすでに来られていた。
あとポルックスシアターの社長?のおじさん。
机・椅子を準備中だったので運び出すのを手伝う。

10:30〜11:20
続々とサークルさんが到着し始める。
自分のブースも設営を始める。
どのサークルさんもちゃんとしていて、
「どうせ俺のブースなんて誰も来やしないんだ……。どうせ俺なんて俺なんて……」
とネガティブな気持ちになる。
結構な数のサークルがノートPCとかタブレットとかを持ち込まれている。
ゲームのイベントなんだから、そりゃそうだよあなぁ。

今日の右隣のサークルさんは熊野娘道譚さん。
代表の方は前回の交流会でお話させていただいたはしづめさんだ。
前回の交流会の後で熊野娘道譚をプレイさせていただいており、
ピコピコ可愛かったですよ、ブヒヒwwww。
隣になったのは何かの縁だろうか?
更に声優さん兼FMはしもとのパーソナリティさんも来ていて
作中キャラの青い巫女さんのコスをしていた。
男性がもう一名いらして、阿部さんみたいなツナギを着たうほっ、いい男…。
に見えますが、彼はあのいけ好かないイケメンに声を当てている声優さんだそうだ。
(後に一名コスの女性が増えて、4人になる。楽しそう)
アンティークのスーツケースをレイアウトに使っており、見栄えがいい。

左隣はあいうえおカンパニーさん。
作品のレベルが高くて「これが同人!?」とドン引きする。
代表のけいまるさんは、背の高い、爽やかなイケメンだ。
作品キャラのコスをされていて、それが似合うってずるい。
結局イケメンかよ!イケメンってそんなに偉いのかよ!
こちらもブースが滅茶苦茶凝っている。
あと、頒布物がいろいろあって羨ましい。
体験版無償配布がここにも! 他には製品ROMとか缶バッジとか。
こちらもサークルメンバーさんが結構いらっしゃるようだ。

ぼっちコミュ障の自分には眩しい……
そもそもなんで零細ぼっちサークルの自分が
コスもできるオタ充サークルに挟まれているのだ!?
これは機関の淫棒に違いない! フゥーハハハ!!


もし次回があるなら、自分もコスプレしてみようかな。
コスプレならやはりこいつだろう。


両隣のサークルの若くて純粋なオーラを受けて、かなり迷ったが、
あの机前のA3×3枚の電波な貼り紙は貼ることにする。

11:20
設営を終える。今回のブースはこんな感じ。

見切れているが、左上あたりで固定台に付けたスマホでPVも流してます。
売り物が1つって寂しいよな。
他のサークルさんは何かしら配布するものがあって数種類ってのがほとんど。

11:25
ここで昼飯を取りに行くことにする。
イベントの開始時間は12:00。
昼食を取り終わる頃にちょうど開始時間だろう。

11:35
「孤独のグルメ」ごっこをしながらあれでもないこれでもないと店を選び、
最終的にはカレーの看板に惹かれ、喫茶店に入る。
注文から出てくるのが微妙に遅い。
イベントに間に合わなくなっても知らんぞー!
カツカレー(゚д゚)ウマー

12:00
時間きっかりに会場に戻るとなんだか盛況のようだ。
慌てて自分のブースに戻る。

12:02
開始早々、一部売れる。
前々からうちのファンだった方だそうで、
この日は日本橋まで足を運んでくださったそうだ。
10年来ゲーム作ってて、リアルでファンの方とお会いできたのはこの方が初めて。
ゲーム作者としてこんな嬉しいことはない。
いろいろと話をさせていただく。
数年前、弟が病気で倒れたことまで気遣っていただいて恐縮です。
今はすっかり回復しています。
割りと自宅から近場にお住まいのようで、今度飲みに行く約束をする。
絶対ですよ! 尻穴を捧げさせていただきます!
うちの後は他のサークルさんも見て回られ、
イベントを満喫していただけたようで何よりである。


12:30
めちゃくちゃ人多いなー。
17サークル程度のオンリーイベントで、
会場はオタロードのメインストリートからは少し離れたところなのに。
一方で足を止めて見てくれる人に、
ふられぼ2がどんなゲームなのか説明しづらい……。

12:55
右隣の熊野娘道譚さんの鳳凰院 カテリーナさん(例の巫女さん)が
「なんか気になる」と一部買ってくださる。

前のコミティアの時も感じたが、若い女性に売れると騙したようで心苦しい
非エロ、非残虐の全年齢向けゲームだけど、
エロゲやグロゲーよりもアナーキーな話だからな……。
モテないルサンチマンを抱えた男が言いたくても言えない
「それを言っちゃおしまいだろ……」な話がてんこ盛りです。すみません。
(後ほど、熊野娘道譚のドラマCDを購入させていただく。楽しみだ)

13:25
左隣とあいうえおカンパニーさんのけいまるさんと作品を交換する。
『しずくのおと』ゲットだぜ!

うちのゲームと『しずくのおと』が釣り合いがとれているはずもなく、申し訳ないです。
ぼっち作者が作るゲームどんなものなのか、研究材料にでもしてください。

13:50
若いお兄さんに売れる。
名刺をいただけた。ノベルスフィアの関係者の方だった。

14:00
右隣の熊野娘道譚さんのはしづめさんに一部売れる。
日焼けしてて強面なのに、穏やかでニコニコしてていい人だ。
サングラスをかけるとKBTITタクヤさんに似ていると思う。

14:02
若い男性に一部売れる。

14:10
メガネのお兄さんに一部売れる。
あとであいうえおカンパニーの方と気づく。

14:15
お隣と雑談で「ぼっちサークルはトイレが大変」といったことを愚痴ったら、
度々「トイレなら代わりに見ておきますから」と気遣われる。
よほどトイレを我慢している人と思われたに違いない。
15:00に行くことを宣言。

14:19
年上の男性に一部売れる。

14:22
ノベルゲームの大手レビュアーのM.Mさんに一部売れる。
遠路はるばる大阪までいらしたそうでお疲れ様です。
(宣伝目的で)揉み手をして、靴を舐め、
「是非ともレビューしてください」とお願いする。

15:00
予告通りにトイレに行く。ふぅ、すっきり。
新手の放尿プレイだこれは。

15:30
机の前の電波な貼り紙が意外にも食いつきがいい。
やっぱり大阪人は洒落が解っている!
あと、スマホで流している動画では、下着泥棒が映っている時に反応がある。


15:40
「ヘイ!YO!チェケラ!チェケラ!」言ってそうな黒人のお兄さんが来ている。
都会には外国人のオタクってのも結構いるんだよなぁ。

15:58
終了間際にあいうえおカンパニーのBGM担当さんに一部売れる。
爽やかな人でしたよ、えぇ。
僕のゲームでは全部の曲が素材ですが、選曲には自信がありますよ。

16:00
イベント終了〜。
撤収。

16:05?
黒柴亭のぢょほほんさんから「魔法部におまかせ 2話」をいただく
そして自分の作品を渡すのを忘れてた!
すいません、エンディングまでプレイ可能な体験版が転がっていますので
まずはそれをプレイしてください。

ブースに立ち寄っていただいて話した人となると多すぎて記憶できない。
結構高齢のお爺さんとか素材屋さんとか。
あと、欲しかったサークルさんのゲームはほとんど買えなかったなー。
しまった、無料配布の「キョンタオ」をしれっと貰ってくるのを忘れてた!

17:30
この後、サークル参加者集まっての打ち上げへ。
ノナプルナインさんとJumpGun!のチームヒロポンのOgawaさんが隣であり、
「同人ゲームが、この先生 きのこるには」といった意識高い系の話をした。
_,,...,_
/_~,,..::: ~"'ヽ
(,,"ヾ ii /^',)
:i i"
| (,,゚Д゚)
|(ノ |)
| |
ヽ _ノ
U"U

というわけでこの日は10部も捌けた。両隣の華があるサークルさんのおかげだ。
表で呼び込みをされていたであろう主催者様方や
盛り上げようと頑張ってくださっていたサークル様のおかげでもある。
大変ありがとうございました。

12:00〜16:00だったが、あっという間だった。
滅茶苦茶足が疲れていたが、
「あと一時間長くやってもいいんじゃね? 11:00開始とか」
と思ったりもしたり。

次も近いうちにやるんですよね?






calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM