初の雑誌掲載です。

2006.12.16 Saturday

「よ、ようやく週末ですよ……。昨日は仕事忙しかったYO!」


「お疲れ様でした。ご飯できてますよ。今日は天津飯です」






「う!美味い!春原さんの料理は世界一美味しい!」


「ありがとうございますっ!」


「それってお兄の別ブログで言ってた、『自分で』作った料理じゃない。
 いつまでそんな気持ち悪い妄想を続けるの?」


「(しー。妬かない妬かない。それに可哀想だからそっとしておいてあげようよ)」


「ふー、美味かった〜。
 ほら、お土産だ。ようやくWindows100%の一月号が届いたよ。
 仕事で忙しくてさ。ポストに不在連絡票が溜まってた」


「わぁ、初めてまともなものを持ってきたね」


「忙しい兄に変わって宅配便くらいとっといてくれよ」


「脳内の妹に無茶言わないでよ」


「で、載ってたの?ずーーーーーーーーーっとwktkしてたんだけど」


「載ってたよ。なんと、1/4ページだ!」


「わお!」


「おめでとうございます」


「最初ね、フリーゲームを特集してる『Free Game A GoGo!』ってページかと思ったんだけど
 どこ見ても載ってなくて、『なっ?載ってないじゃん!』と焦ったよ」


「『Free Game A GoGo!』のページ、今月号だけADVのジャンルだけがごっそり抜けてるね」


「本当は来月載るのに今月載るって勘違いしちゃったのか!?うわっ恥ずかしい!
 どうしよう、自分のサイトで載ります、って宣言しちゃった!と大いに焦りまくった。
 そしたら、『2次元ポケット』っていうギャルゲー集めた専用ページっぽいところに載ってた。
 1/4ページで。隣はかの名作『エスター少年の妹弟子』」


「うわ〜恥ずかしいな……」


「載ってますねぇ」


「キタコレ!!煽り文句の情けなさがテラワロス」


「画像をスキャンしてアップしたいところですが、出版社に住所を押さえられているので勘弁してください。
『本編はもうプレイしたから別にいいや』と言わずに本屋に行って手にとって見るべきですよ奥さん!!」


「は、はいっ!!」


「なぜにみのもんた?」


「コピーの文面考えた人、わたし達のゲームをよく解ってるのか嫌々なんだか。
 太文字で思いっきり『童貞の恋は云々』て書いてあるね」


「そういうゲームを作った自分が悪いのに、頭抱えてもだえてしまった。
 もうイヤだ……国へ帰れない……」


「誌面に掲載されたのはどなたですか?
 読者様に一応解説を――」


「5人」


「5人?」


「チカと相沢さんと春原さん。そしてウチのおかん。
 わかってると思いますが、おかんは攻略対象外ですから!!」


「あら、お母様も?あとひとりは?」


「↑の画像もあった。まあ主人公だしな」


「じゃ、代表でお兄がおっぱいうpしなさい!」


「い、嫌だよ!」


「おっぱいうpがうやむやになったね。ちぇー」


「Windows100%の編集部の方、
 ウチの糞ゲーのために貴重な紙資源とCD-ROM資源を割いてくださってありがとうございました」





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM