業務スーパーに行って参りました

2006.11.19 Sunday

「ただいま〜」


「ただいま帰りました〜」


「お帰り〜何処行ってたの?」


「えへへ、デート」


「何がデートよ!その買い物袋と見えている食材は何よ!!
 どう見ても近所のスーパーに食材を買いに行ってただけじゃない!!」


「違う!例え客観的にはいかにも女っ気のない毒男の寂しい寂しい買い物でも、
 大切な人と一緒なら俺にとってはデートなんだ!脳内では一人ではないんだ!!
 一分一秒が宝物なんだ!!例え行く場所が年配の主婦やお婆さんだらけの商店街でも!
 誰がオサレスポットなんて行くか!!」


「はいはい、脳内デートね。いい加減マジでキモイわ……。
 で、買い物に行ってきたんだね」


「近所に業務スーパーがあったので行って参りました〜。面白いんですよ」


「業務スーパー?」


「レストランなんかで使う食材を扱ったスーパー。
 扱っているものの普通の食材とはちょっと違っててさ」


「ふーん?」


「主に扱っているのは生鮮食品は無くて加工食品な。
 特筆すべきはその量だな。缶詰とか普通に売ってあるサイズの2倍〜4倍の量はあるの。
 なんだこれは!ガリバー旅行記か!!あと、商品の包装が普通のスーパーに比べたら地味でさ。
 なんか外国の寂れた町で買い物しているような殺伐とした気分になれる」


「値段も安いんですよ。同じ量買うなら普通のスーパーより1〜2割はお得ですよ」


「とりあえず今日買った物の中で面白くてこれぞ業務スーパーって感じのものはこれだな。
 ポン酢とスパゲチー」




「うわっ?何この量?」


「スパゲッティーが4圈▲櫂鷽櫃1.8リットルです。
 ひとりでは持てない重さなので助かりました」


「4圓辰董0豌鵑凌事で150g食べるとして、26食分じゃない」


「これでしばらくスパゲチー買わなくていいな。4圓韮僑娃葦澆らいだ」


「冬眠でもするかのような勢いだね」


「お昼の用意ができました。買ってきた麺を早速使いました。
 スパゲッティカルボナーラです」




「ずるずる〜。う、美味い!最高です!
 春原さんは料理に関してはカタカナ語も流暢に発音できるんすね」


「ありがとうございます」


「(まだ言い張っている。か、可哀想……)」


「自分で作って食べる食事は味気なくて……うぅ」


「(いや、一人だから)
 で、おみやげは?」


「はい?おみやげ?」


「兄貴なら妹に甘い物ぐらい買ってくるもんでしょ?
 ゼリーとかプリンとかさ」


「プリン?誰がそんなオサレな菓子なんて買うか!!
 お前はこれでも喰ってろ!」




「もずくって!」





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM