どうせモテないし、コミティア113の参加レポートでも書こうぜ

2015.08.31 Monday
JUGEMテーマ:日記・一般


「コミティア113よりただいまー。3部売れましたー!」


「いきなり、頒布部数とか! しかもうちらしいリアルな数字!
『スペースにお立ち寄りいただきありがとうございました〜』
 とか当り障りのないことを言っておくものでしょう!」


「まぁ隠しても仕方ないっしょ。みんな気にしてるよ。
 聞き出すのは良くないけど、自分から言う分にはいいでしょ。
 それに、コミティア、同人ゲーム、初参加ならこんなもんでしょう。
 『コミティアはまず数は出ない』と言われていたし、0部も覚悟しておいたので、
 むしろ3部も出たことのほうが意外だよ」


「そうですね〜。どんな方が買ってくださったのですか?」


「おそらく事前チェックはされていないうちのサイトも知らないであろう初見の人達。
 しかも一人は女性だった


「………………………………………………」


何か言ってくれよ! 解ってるよ! 騙したようで心苦しいさ!
 もし、後になってここを見てくださっていれば、ありがとうございます」




反省点とかも交えて、詳細なレポートは以下になります。
単眼娘で有名な今成さんのコミティアレポートを真似しています。
 


8月29日 前日
17:00

SY駅到着。きっきさん宅を徒歩で目指す。

17:40
きっきさん邸宅到着。お邪魔するのも数年ぶりだ。
今日から2泊3日のベースだ!

18:30
馬車道に連れて行ってもらい、夕飯。
ウェイトレスが袴とブーツのオネェさん。
席に来る度にいい匂いがする。飯はすこぶる美味い。
ここでアニメやロケットや旅行のヲタトークをする。

19:30〜11:30
夕飯からベースに帰宅。
ノートPCとiPadを2台も貸していただける。
PVや本編のデータをコピー。

その後、ルービーで乾杯し、ヲタトークをして過ごす。この時間が楽しい。
プロジェクターでがっこうぐらしの8話を見たりもする。
きっきさんの家は本当になんでもあるなぁ。
そして、がっこうぐらしの新展開に「な、なんだってー!?」

この日は明日に備え、あまり深酒や夜更かしはせず、
日付が変わる前に就寝する。


8月31日 コミティア当日
7:20

起床。イベント前日にも関わらずよく眠れた。
外は小雨がぱらついている。

8:15
きっきさんの邸宅を出発。
きっきさんの車でアニソンを聞きながらビッグサイトを目指す。
流れる曲のほとんどを知っている自分も相当なオタクだ。
日曜だからか、首都高はエラく空いている。
自分は昔の観光バスの中からしか見たことがない。
きっきさんから10劼發△襯肇鵐優襪侶,衒とか
首都圏の交通事情とか興味深い話をいろいろと聞く。

9:00

ビッグサイト到着。
まだサークル参加者だけなのに、歩く人の数に圧倒される。



9:20〜10:00

東ホール入り。どんだけサークルがあるんだ……。
サークルだけでこれだけの数である。
間もなくスペース到着。お隣さんはまだ来ていない。

設営開始。事前にレイアウトは検討しておいたが、
意外と苦労する。一人だったらもっと大変だった。
きっきさんからお借りしたノートPCとiPadの準備は完全に任せっきりに。
すみません!

巡回受付の方が来たので参加証と見本をお渡しする。
前々から聞いていたが、同人ゲームは見本コーナーに置いても
誰も中身の確認のしようがないと思う。ノートPC持ち歩いている一般参加者はいないし。

すぐに左隣のサークルさんがいらしたので挨拶する。
某老舗サークルさんで、早々と設営を終え、静かに小説を読まれていた。
間もなく右隣さんも来る。
お絵かきツールの解説本を頒布されるようだ。
モニタがでかい。だが、取り扱いには慣れている感じであっという間に設置される。
左右どちらも一人参加だ。慣れている感じがカッコイイ。

10:15
設営完了。写真も撮る。

その後、きっきさんに席にいてもらい、
コミティア申込み後にネットで縁があったサークルさんに
挨拶まわりに行く。
暑いかと思っていたが、むしろ涼しい。

10:30
スペースに戻る。
一方で自分は設営後もポップの位置をいじったり、
チラシの位置をいじったりとソワソワしてて、
両隣のサークルさんには落ち着きが無いヤツだと思われていたに違いない。
ご迷惑をお掛けしていたら申し訳ないです。

11:00
拍手とともに一般参加者の入場開始。皆、ティアマガを頭上に掲げている。
入場証の代わりなのだそうだ。そんな文化があるのか。
にしても、どんだけ人がいるんだ。人酔いしてしまう。
コミティアでこれだけの数なら、コミケなんてもっと恐ろしいことに……。
あとで聞いたが、一般参加者の列の人は雨に振られたそうだ。

きっきさんは、この日も空きスペースでお仕事をされるとのことで、
ここでしばしのお別れ。一時間に一回くらい見に来てくださるとのこと。

11:27
1部売れる。記念すべき第1号。しかも若くお綺麗な女性。
「最後までプレイできますか?」と訊かれたので、おそらくは初見の方。
最後までプレイ可能なことを伝えると買っていただけた。嬉しい。
だが、急がれているようで、詳しい内容を説明する間もなかった。
なんだか騙したようで心苦しい。

11:30
2つ左隣のサークルは大学のサークルのようで、
男女混合で和気あいあいとして、友人らしき人達がひっきりなしに来ていた。
リアル「げんしけん」か? このリア充共め! 爆発しろ!

11:59
1部売れる。自分より少し年上の男性に売れる。
累計プレイ時間を説明したら購入してくださった。
他のスペースも見ていらしたので、同人ゲームに興味ある人なのだろう。
だが、おそらくは初見の人だ。

12:15
昼食を取る。
その後、きっきさんが様子を見に来られる。
きっきさんのノートPCのバッテリーはビルドするとすぐ消耗するそうだ。
トイレ休憩で代わってもらい、すぐに戻る。

12:47
DL-Siteの営業の人が来て、登録しないかと勧誘される。
同人ゲーム島全体のサークルに声をかけているらしい。
うちもいつかはDL販売も考えているが、DL-Siteはいろいろと審査厳しいから、
ふられぼ2は通らないだろうな、と思う。
一応はうちのゲームは全年齢向けだが、DL-Siteは男性器画像のモザイクの濃さとか
男性器名称連呼とかパロディは厳しいことは知ってますぜ、お兄さん。
一応、いつかはダメ元で申請してみるか。

13:01
10〜20代の大学生くらいの若い男性に売れる。
「どんなゲームなんですか?」
「見た目はオーソドックスなギャルゲーですか……ぶっちゃけお兄さんモテますか?」
「いやー、非リアですねー」
「だったらお勧めです! そういう方のためのゲームです!」
とお勧めしたら買ってくださった。

売れたのは以上の三名様まで。本当にありがとうございました。

13:30
ノートPCのバッテリーが切れたので予備のiPadと交換。
きっきさんはもうちょっと持つと踏んでいたそうだが、
2時間30分以上は持ったので十分だと思う。

14:13
人材募集?流通に載せる?というような仕事をされている人が二人でいらして、
名刺を戴く。チラシをお渡しする。
後で確認しようと思う。

14:45
右隣の方が撤収を始められた。
でかいモニタをこれまた手慣れた感じで片付けられる。

14:50〜15:10
きっきさんと交代し、トイレ休憩と、
まだ買えていなかったサークルさんの本をゲットし、すぐ戻る。
自分のすぐ近くのスペースに、巨匠・三峰徹さんがいるらしいと知っていたが、
ついにリアルのご尊顔を拝見する。
穏やかそうな人の良さそうなおじさんでした。
熱心なファンの方に熱い激励を受けておられた。

15:31
若いお奇麗なメガネの女性が来てゲーム製作の話をする。チラシを渡す。
『リア充撲滅』のキャッチを見て苦笑い。そりゃそうだ。
焦ってiPadを取り落としそうになる。
製作ツールを訊かれたので、「吉里吉里です」と答える。
彼女もゲームを作っているらしく、なんか別のツールを使っているらしい。
何人で作ったのかを訊かれたので、一人で作ったとPRする。
上手くかわされ、「ネットの体験版をチェックしてみます」
とのことだが、引いちゃうだろうなー。。。

15:35
もう人は来ない。
あと10分で撤収することにする。

15:45
ここで撤収。撤収は割りとすぐに済む。
会場アナウンスで言ってたコミティアアンケートって何処にあるんだろう?
と思っていたら、机の自分の席側に貼ってあった。
朝に来てすぐに布をかけたから気付かなかった。
きっきさんに前半は書いてもらう。後半は自分で書く。
イラストを描く余裕はない。

外は雨が降り始めていた。

16:10〜17:30
ベースに帰還。帰りも首都高は空いてて
帰還に一時間もかかってないのでは?
帰りがけに買ったお菓子屋やベース備蓄のルービーやツマミで
ささやかに打ち上げ。リリィさん提供の福寿・大吟醸美味い。
その後、純米酒と飲み比べると違いがはっきりしている。
だが、どっちも美味い。野沢菜美味い。

20:30
疲れているので割りとすぐに酔いが回り、
きっきさんも限界のようで、ここでおやすみなさいませ。

前日と当日のレポートはこんなところである。
翌日(今日)はまた別の機会に。


【参加しての反省点】
・前日よく寝ておいて正解だった。

・コミティアであれだけの参加人数は怖すぎる。
 コミケとかどんだけ恐ろしいんだろう?
 
・ティアマガでPRしたほうがいいのだろうか?
 持ち歩いてお目当てのサークルを目指している人は多かった。

・iPadやタブレットのような大きなモニタは買っておいた方がいい。
 バッテリーは十分持つ。ノートPCは2時間30分程度。

・そもそも同人ゲーム島と向かいの音楽島は厳しいエリアのようだ。
 素通りする人が多い。
 裏のやたら上手い人が多い18禁漫画島の緩衝地域なのだろうか?

・ネットであらかじめ知っていたという人は誰も来なかった。
 お買い上げくださった3名様はおそらく初見の人だ。
 初見さんに向けてのPRを考えよう。
 きっきさんから「内容をまとめた冊子を作ってはどうか」というアィディアをいただく。
 会場にはそういうサークルも多くあった。早速B5くらいのを作ってみよう。

・コミティアは年に4回もあるが、新刊は出して当然の空気があった。
 だが、同人ゲームで毎回新刊という持ち弾は用意できない。
 これは大問題だ。
 一方、周りは体験版や資料を無料配布とか、
 100円とか割り切っているところも多い。(コミケでもそうらしい)
 「イベントには完成版を持っていかねば」と頑なに思っていた自分には
 これは結構驚きだ。でも、それもありだと思う。
 あの空気で刺激を受けたら完成版までの動機になる。

・月並な感想だが、実にいい経験になった
 あの空気はいい。周りが全部一次創作というのもいい。


Special Thanks きっきさん
お仕事がお忙しい上に、体調が思わしくなかった中、
宿泊場所の提供、行き帰りの送迎、設置撤収の準備、
機材や小物類までいろいろと貸して頂いて、
何から何までお世話になり、本当にありがとうございました。
大きなToLOVEるも無く、無事にイベントを終えられたのは、
きっきさんのお陰に他なりません。この大恩はいつか必ずお返しします!

&ユー
うちのスペースにお立ち寄り下さった方々、
本当にありがとうございました。
いろいろとお話が出来て楽しかったです。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM