2016年 今年もお世話になりました

2016.12.30 Friday


お久しぶりです。
今年一年の締めくくりとして、暮れのご挨拶をば。

 

今年は、1月から大手実況プレイヤーのフルコンさんと湯毛さんに

拙作が実況されるという大きな出来事から始まり、

何と言っても夏コミにサークル参加するという

大きなイベントがありました。

 

9月には昨年と同様、関西同人ゲーム.fesに出展でき、
数年来のお付き合いのある方々と親交を深めつつ、
新しい方と親睦を深めることも出来ました。

 

その節は、大勢の方々に大変お世話になりました。

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

その一方で、日々の仕事が過去最高に忙しく、
時間的、精神的にもストレスマッハで、
ゲーム製作については、ひっそりとした製作と、イベント参加の他は何もできない状態でした。

 

私事情により、現在絶賛開催中の冬コミは不参加ですが、
2017年夏コミにはまた参加したいと考えています。
来年の6月頃には落ちつくと思われます。

 

夏コミと前後する時期には完全新作の準備も始めたいと思っています。

 

世界から糞アベックを駆逐するヨーグルシンジケートの本当の戦いはこれからだ!

私が皆様のためにできるのは、糞アベックが駆逐された平和な世界を築くこと!

 

それでは良いお年をお迎えください。
 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 






同人ゲームフェス2016 レポート

2016.09.19 Monday

 

「9月17日は大阪日本橋で同人ゲームフェス2016に参加してきました!」

 

「うぇーいwwwwwぱちぱちwwwwwwwwww」

 

「そういうことは事前に言いなさいよ!」

 

「ごめん、『ぐろしす!』の作業が忙しかったから……」

 

「そういえば、『ぐろしす!』ってどんな話なの?
 なんであたしがガングロなの?

 

「ち、近いうちに特設ページ作って紹介します!」

 

「べ、別に気になるとかじゃないからね! 勘違いしないでよね!」

 

「さて、同人ゲームフェス2016ですが、

 弊サークルの作品をお手に取っていただき、本当にありがとうございました!」

 

「在庫が! ちょっとずつ! 消化されていく!」

 

「昨年と同じくお隣だった王立サブカル学園の皆様、
 コミケで来てくださった黒柴亭のぢょほほんさん、
 自スペースに来たお客さんをこちらに誘導してしていただいたりね、
 売上に貢献してくださってありがとうございます!

 あと、実はわキャラまーけっと第0回で作品買わせてもらってたけど、

 向こうは僕の顔を覚えているはずもないMagic ButterFly.さん

 新作をいただきましてありがとうございます!」

 

「イベントの規模は小さくても、その分、
 顔見知り→友達になって、連帯感が出てきて協力しあえるのっていいですよね」

 

krsmさんM.Mさん繋がりからの黒柴亭のぢょほほんさんが、
 前日にうちのゲームをプレイしてえらく気に入ってくれたようで、
 なんか凄い褒めてくれて、嬉しいが、恥ずかしかった。
 打ち上げでノナプルニキの隣で、うちのゲームを褒めるとか恥ずかしくて死ねるから!」

 

「これまでの人生で自分のやりたいことやって褒められるとか
 絶望的に経験ないもんねー」

 

「あと、参加サークルさんが各々のゲームのPVをくっつけたまとめ動画を
 CAVYHOUSEさんが作ってくださったんだけど、
 それが開場の大きなモニタで流されて死ぬほど恥ずかしかった。
 ネット用だけじゃないのかと。
 聞き覚えのあるBGMが聞こえる度に冷や汗が出てた」

 

 

「イケメンは地獄に堕ちろとか、粗チンがどうのとか、
あんな動画を作ってるほうがどうかしてるわ」

 

「あと、打ち上げで『別にキモオタではないですよね?』とか言われたけど、
 もう骨の髄から髪の毛一本までキモオタですから! 週に30本くらいアニメ見てて、
 フィギュアを買いまくったりしているキモオタですから!
 クリスマスを12年連続で一人で過ごして何がキモオタじゃないだよぉお!

 こんちくしょぉお、バーロー、えぐえぐ……」

 

「12年より前は女性と過ごしたかのような文章だけど、男友達だったもんねー」

 

アッー!
 どこのサークルとは言いませんが、アベックでイベント参加したいぞ!
 あと、某有名マンガ家が描く歌い手みたいにオフパコとかしたいぞ!」

 

(あぁ、同人イベントで同人活動の本質を見失うダメな人だ……)

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般






2016年 夏コミ参加レポート 完結編

2016.08.17 Wednesday

JUGEMテーマ:日記・一般

 

「さーて、お待ちかね。頒布部数を公開するぞ!」

 

「うーん、思ったけど、これってほいほい公開していいのかな?

 これからサークル参加する人には有益な情報だけど、

 すでにサークル参加された方にはかえってやりにくくならないかな……」

 

「そうだなー。今回で最後にしておくか。

 というわけで、これが今回の戦果だ!」

 


ふらすと2 フル版:7部
      通常版:3部
ぐろしす!        :7部
―――――――――――――
合計         :17部

 


「売上は9000円弱だ!
 さすがコミケ! こんなに売れるとは!

 気分はまさに札束風呂!!」

 

 

「おお! すごい!」

 

「ひゃっはー!! お金! お金! これで今月分の米と味噌が買えます!」

(お買い上げいただいた皆様、弊サークル一同より心からご感謝いたします)

 


「発言と本音が逆になってますよー」

 

「すみません、夏は食べ物が日持ちしないのでつい……」

 

「やっぱり規模の違いはでかいんだな。

 んでもって、買ってくださった方は、

 前もってカタログとかまとめ動画などで下調べをしてくださってた方とか、

 レビュワーさんの口コミで宣伝してくれた方経由の情報がほとんどっぽい。

 ことゲームに関しては、事前の宣伝とか人脈とかは大事なんだなー。

 本のように見本誌みたいにささっと手に取って確認できないからね」

 

 


「お疲れ様。それではメインの報告行ってみようか!

 薄い本はよ!

 

「エ? ナンノコトカナ?」

 

「コミケと言えば薄い本でしょ! はよ!」

 

「いや、買ってないよ?」

 

 

「マジで買ってないよ! 東館とかすげー混雑だったし!」

 

「正直に言えば、今なら許してあげる」

 

(やばい、目が本気だ!)

「すみません、東京を発つ寸前、
 秋葉原 UDXで開催されていたとらのあな 4日目で買ってしまいましたー!」

 

 

「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

 

 

「お兄! あんたって人はぁああああああああああ!」

 

 

 

というわけで、拙作をお買い上げいただき、真にありがとうございました。

これを元手にこれからなお一層の精進してまいりたいと思います。

 






2016年 夏コミ参加レポート その1

2016.08.16 Tuesday

JUGEMテーマ:日記・一般

 

夏コミお疲れ様でした。

大勢の方にお世話になり、ネットでしかお話したことのない方に直接お会いでき、

大変貴重な体験ができました。

今日から夏コミの参加レポート書いていきます。

 

かなり長いので分割します。

本日は大筋、次回に詳細をば。

 

【8月11日】
この日からお盆休みだが、最後の準備が残っている。
ジャケット作ったり、おしながき作ったり、

荷物まとめたりしてたら一日が終わった。

 

【8月12日】
出発前日でやっと訪れた休養日。
午前にシンゴジラを見に行く。面白かった。

 

【8月13日】
朝5時に起床。やることもなくしばらく部屋でダラダラ過ごし、
7時頃に大阪駅に向けて出発。
バス乗り場で隣りに座っていた若い兄ちゃんが鉛筆で絵を描いてた。
彼もコミケ組だ。もしかしたらこのバスもコミケ参加者が多いのかもしれない。
大阪駅から、10:10の東京行き昼行便の高速バスに乗車……したまでは良かったが大渋滞……。
ある程度は覚悟していたが、9時間乗車の予定が、11時間30分の乗車……。
東京に19時15分到着の予定が、大幅に遅れて21時45分。
座りっぱなしは相当しんどかった。
急いで宿に向かう。この日から上野のカプセルホテルで2泊だ。
一泊2500円と安い!

だが、安い分、周辺のいびきがうるさい。

耳栓を持ってきて正解だった。

大浴場でささっと風呂に入り、日付が変わる前になんとか就寝。

 

 

【8月14日 コミケ当日】
朝5時頃起床。昨夜の就寝が予想より遅く、
体調的にもう少し寝たかったが緊張で眠れない。
だが、やることもないので、6時30分頃に会場に向かうことに。

ホテルの外は大変涼しい。
例年夏コミは灼熱地獄と聞くが、これはどうしたことだろう?
西川貴教の風の効果が今日まで続いているのか?

さて、電車でビッグサイトまで向かうのは初めてだが、
上野駅から山手線で大崎まで向かい、りんかい線乗り換え→国際展示場前のルートを取ることに。
PITAPAって前もってチャージしておけば東京でも使えるんだな。
いつもの通勤定期券が東京でも使えるカードに!
事前の予備知識収集では知っていたけど、本当に東京の改札を通れて感動。

山手線の中は本当にコミケ3日目かと思うほど空いていた。
てっきり、山手線の段階で激混みかと思っていたがそうでもないようだ。
だが、新橋や大崎に近づくに連れ、人が一気に増える。
来た、この感じだ……。彼らはみんなコミケに行くんだ。
大崎→りんかい線にもすんなり乗り換えができて、なんと座席に座ることも出来た。
この時点でまだ7時だ。

まもなく国際展示場前駅に到着。

そして……


うわっ! すげー人! どこに潜んでいた!

やっぱりコミケはコミケだった。

三角形の下のサークル参加者用の列に並ぶ。
7時半に入場開始。
すぐに西館4階にたどり着く。
同人ゲーノベル島では自分が一番乗りだった。

さっさと設営を始め、すぐに終わる。

まずはこんな感じでいいじゃろ。

 

8時半ごろ友人のきっきさんとリリィさんが到着。
今回もPCとタブレットを提供してくださった。
ありがとうございます。

見よ! このハイテク感!
ノートPCを載せている台はアメリカ製だそうです。
かなりの安定感です。ただ、持ち運びは重いそうです。
本当に申し訳ない。

こうして開始を待つ。

右隣はどうやら欠席らしい。
左隣は「スタジオれぎおん」さん。

女性の声優の方がいてリア充っぽいです。

 

10時開場。

開始早々、黒柴亭のぢょほほんさんと、crAsmの倉下さんと、
先日褒めまくってくれたレビュワーのM.Mさんが来てくださった。
そして、いきなり売れる。口コミの効果はすごいな!

更にはぢょほほんさんに魔法部におまかせ!の総集編をいただく。タダで!

ありがとうございます! 土日でプレイさせていただきます!

続いて、おすすめ同人紹介みなみさん来てくださる。
こっちはどげざの配信を見て、みなみさんの顔を覚えてしまったが、
向こうからしたら初対面なわけで、
「あれ? みなみさんですよね?」と声をかけたところ、

「なんで知ってるんですか?」と変な空気になる。
新刊をお買い上げいただく。

 

ここから先、どんな方が買ってくださったか、ちょっと覚えてないです。
すみません、意識が朦朧としていたので。
「俺だよ!」という方、コメントくだされば幸いです。

デバッグでもお世話になった月猫さんの友人さんが

本人代理でファンネルとして買ってくださったらしい。
地図とスペース番号をよくよく確認しながら辿り着いたと思しき
若いイケメンが買ってくださったのだが、その人かな?

 

13:00から14:30までの間、
買い物が終わったきっきさんに店番を替わってもらい、あいさつ回りなど。
挨拶したサークルさんは多いので省略。
買わせていただいたゲームは後日、個別にお礼に伺います。

 

その後、東館に行ってみたが、とんでもない混雑であり、迷いに迷った。
そして暑い! いつの間にか30℃越えていたみたいだ。

でもこれでも涼しい方らしい。

ベーコンみたいになりながら西の自分のスペースに戻る。

席を外している間に売れたらしい。

 

そして、終了の16時少し前に撤収。
ビッグサイト内の、店名は忘れたが、レストランでささやかな打ち上げ。


ビールを1杯だけ飲む。この一杯が実に美味い! 染みわたる!

16時45分頃までこの日の戦利品やらヲタトークで駄弁り、
ゆりかもめの駅前でリリィさん、きっきさんとお別れ。

 

これからはM.Mさん主催の同人ゲ界隈の方々と打ち上げへ参加すべく新橋へ。
ゆりかもめ駅で打ち上げ参加のメンバーの皆様とばったり。

自分はほとんどの方と初対面だったのですが、
いろいろな話をして、楽しんできましたよ。
10年前の最初のふられぼを覚えていて、

「面白かった!」と言ってくださった方もいて嬉しかったです。

たっぷり3時間半ほど飲んで騒いで、再び上野の宿に帰還。時刻は22:30。

長い一日だった……。泥のように眠る……。

 

【8月15日】
10時頃にリリィさんと秋葉で合流。
軽くショップ巡りと昼食。
このオムライスの店、めちゃくちゃ美味いな!

その後、正午からリリィさんの運転するハチロクで神戸まで帰還。
ずーっとガルパンのサントラとアニソンを聴いてましたね。
懐かしいのから最近のまで。

旅慣れているリリィさんによる神にーさまこと桂木桂馬みたいな神がかったルート選択により、
予定よりだいぶ早く神戸に到着。本当にありがとうございます。

 

そして……帰宅後すぐに「ぐろしす!」の修正パッチ製作……。
これについてはまた今度……。

 

 

2016夏コミレポート 

つづく……






夏コミおしながきです

2016.08.11 Thursday

JUGEMテーマ:日記・一般

C90 おしながき

 

夏コミのおしながきです。

コミックマーケット90 3日目(8月14日(日))

スペースNo:西4 b-65a「ヨーグルシンジケート」

今年の夏は、東京ビッグサイトで僕と握手!

 

 

 

 

 

 

「とういうわけで遅くなりましたが、夏コミの告知でーす!」

 

「キービジュアルにどかーんと出していただいてありがとうございます!」

 

「わたしもジャケットに出てるよー!」

 

え? あたしがガングロになる話って出来たの!?
 いつの間に作ったの!?」

 

「コミケの当選発表が出た6月から突貫工事で作ったさ!」

 

前回の更新のアレって冗談だったんでしょ?」

 

僕は作るといった作品は必ず作る!
 去年の夏コミは落ちた分、すべて出しきってやる!
 『同人ゲーム製作サークルの9割が頓挫、残り1割は体験版が作れれば御の字』
 みたいに言われているけどうちには関係ない!
 これまで頓挫率0%だぞ! 舐めんなよ!

 

「まぁ、9割頓挫ってのは共同製作サークルの話だけどね」

 

「うっ……。ぼっちの身軽さと限界はひしひしと感じる……。
 ぼっちで時間がなかった分、盛り込めなかったネタが多数ありますので、
 β版ってことにしておいてくださいませ。
 コミケで300円出して買ってくださった方は、
 数カ月後に完成見込みの正式版へ無償アップデートします

 

「にしてもまぁ、ガングロJCとかとっつきにくそうなネタを……」

 

『ぐろしす!』に関しては、過去の作品との連携は切ってある。
 完全にご新規さん、一見さん向けの作品。

 でもプレイした人には番外編としても読める。そんな感じの短編コメディ作品だよ」

 

「ふーん。ふらすと2のフルプライス版ってのは? 800円もするとか!」

 

おまけコントと、その他特典を追加したバージョン
 もし、過去にCD-ROM版を購入して下さった方は、通常版との差額300円で差し上げます」

 

「おまけコントも作ってたの? ヒマねぇ」

 

「言うほどラクじゃなかったよホント。

 ここまで地獄だったけどね……」

 

「そうそう、(夏コミに落ちた為、大量に売れ残っている)通常版も用意していますが、

 通常版を購入される方は、修正パッチをあててください」

 

 ふらすと!レヴォリューション 2nd Geek 修正パッチ

「修正内容は誤字脱字の修正ですが、

 私、ゆきの編の後半の選択肢でセーブ→ロードすると、

 効果音がループしつづけるバグがあります。

 引っかかってしまうかもしれません」

 

「本当にごめんなさい……。

 過去にうちからCD-ROMを購入された方も修正パッチ適応をお願いします。

 ちなみにフルプライス版では修正してあります」

 

「さーて、コミケでは何部出るかな?」

 


「やーめーてー!」

 

「どうせこうなってるわよ」

 

※画像はパンチ探偵アドベンチャー ボロンゴを制作されているSmash Works様開発ブログよりお借りしました。
(40部も売れたなら同人ゲとしては超人気サークルじゃん……)

 

 

 

 

 






夏コミに申し込みました

2016.05.05 Thursday
JUGEMテーマ:日記・一般



包茎手術の匠

夏コミに申し込みました。
夏コミ用には、『ふられぼ2』のちょっとだけおまけシナリオというかおまけコントを付けた
スペシャル版を少部数プレスして、持っていきます。
3分程度で読み終わるショートコントです。


「いや、だからってこんな意味が解らない画像を見せられても」


「別に、彼らが包茎手術をするというコントではありません。
 これらは、画像素材の一部です」


「でも、これが人目に触れるとしても、受かればの話だよね。
 ちなみに前の夏コミは落ちたんだよね」


「落ちた……。前の夏コミにて華々しくデビューつもりだったのに、
 大量のCD-ROMががががが……
 ええい! 一年前、夏コミ落ちたことで歯車が狂った
 ヨーグルシンジケートの本当の戦いはこれからだ!」


「でも、今度こそ夏コミに受かるかどうかは……」


「受かりますように! そして在庫が少しでも捌けますように!」





新作コンセプト会議

2016.03.18 Friday
JUGEMテーマ:日記・一般


「さーて、そろそろ新作にとりかかるかな」


「なんかいいアイディア浮かんだの?」


「おう、思いついたぞ!
 これまでの作品の反省と、市場の分析を踏まえたうえで!」


「ふむふむ」


「うちに作れて、かつウケるのは、やっぱり妹ゲームだろう!」


「…………」


「そんな顔するなよ!
 いろいろ分析したんだよ。最近はスマホゲームが流行っているだろ?
 オタク層には奴隷の女の子といちゃいちゃするゲームがバカうけ。
 それを参考に、こんなコンセプトを打ち立ててみた」

・プレイヤーが能動的に関われるゲーム性の高い妹ゲーム
・今回は、ストーリー性よりもゲーム性を重視
・プレイ時間30分〜1時間程度の短編。完成まで6年もかけたりせず、ささっと作る



「おお! なんかそれっぽい!」


「仮タイトルはこうだ!」

『俺の妹がこんなにガングロなわけがない!(仮)』



「全ッ然、反省も分析もしてないじゃないの!!」


「詳しいゲームの内容はこうだ。
 ある日、妹がガングロになってしまった! 兄は妹を元に戻すために奮闘する!


「タイトルそのまんまじゃない」


「おう、タイトルと中身を一致させてわかりやすく。中身も小細工なしの直球勝負だ!
 だが正式タイトルはこの仮タイトルとは変える。
 世間では仮タイトルが本採用になるケースは多いけど、これは本当に変える。
 ”俺の妹がこんなに〜”ってタイトルはもう手垢が付きまくってるからね」


「是非ともそうしてください」



「というわけで、チカ、出番だぞ!」


「え!? あたし!?」


世の中にはなぁ、絶対に、『えー? ガングロのほうが可愛いじゃな〜い』
 とか言い出すめんどくさいヤツらがいるんだよ。

 そんな考えが頭にちらつくと、作者に迷いが出て、ゲームの土台が揺れるんだよ。


「解るような解らんような……。それでどうしてあたしが?」


「ガングロでなくナチュラルが可愛いと思われるためには描き慣れた妹がいるんだよ。
 わかってくれチカ! 僕にはチカが必要なんだ!」


「そ、それってあたしが可愛いって……? 
 いやいや、だからってそんな熱く頼まれてもガングロって!!」


「あと、いちいち新たに妹のデザインを起こすのが面倒くさい。
 頑張れ(古女房的な意味で)」


「ナニそれー!?」


「というわけで、日焼けサロン、金髪、ヤマンバメイク、ルーズソックスといろいろ頼むわ」


「いーやー!!」


「実は僕は、リアルではガングロヤマンバルーズソックスの同級生世代なんだな。
 あんなのが同級生なのかとテレビ見ながら戦慄した。どんだけ怖かったことか――」



「怖い? ……自分の妹になんてことさせようとしているのよ!」


「その恐怖を乗り越えるべく、新作へ向けて動き出します!
『俺の妹がこんなにガングロなわけがない(仮)』略して、
 

マグロ! ご期待ください」










「”マ”はどこにあるのよ!」





ニコニコ自作ゲームフェス2016

2016.02.06 Saturday
JUGEMテーマ:日記・一般


大概の方は既にご存知だと思いますが、
ニコニコ自作ゲームフェス2016に応募しました。


実況では正気を疑われましたが、
 ニコニコ自作ゲームフェス2016に応募したぞーー!!」


「なんか色々とアレで、全方位に喧嘩を売っていて、
 ありとあらゆる点でアウトだから、何の賞も貰えないだろうけどね。
 特にアレとかコレとか、〜この物語はフィクションです。
 登場する人物・団体・ 名称等は架空であり〜
 は通用しないでしょ」


「も、黙殺さえされなければ……!
 知名度さえ上がればいいんだよ!
 現に、実況者さんに見つけてもらえた!」



「審査員:そんなゲームあったっけなぁ?」



「やーめーてー!」


ニコニコ自作ゲームフェス2016の受賞者発表が2016年3月上旬、
でも、うちは何の賞も貰えないのは確実なので、
だいぶ先の5月頃にノベルゲーム部門の選考者の方々に寸評を貰える程度だと思います。
そこにつくであろう酷評を楽しみにしててください。





デジケットの売上ランキングにびっくり!

2016.02.04 Thursday
JUGEMテーマ:日記・一般


ふられぼ2のDL販売を委託しているDigiketにて、
ふられぼ2がアドベンチャーゲームカテゴリで1位を獲得しました!
(クリックで拡大)

さらに、同人ゲーム全体のカテゴリで、2位を獲得しました!
(クリックで拡大)


実況プレイの宣伝効果すげー!!
うちみたいな、まるで無名のサークルがここまで!
フルコンさんと湯毛さんには感謝してもしきれないな!!



さらには、Digiket全体での
一般向け同人作品の週間ランキングで5位を獲得しました!(2016年2月4日現在)
(クリックで拡大)

最高で4位だったことも!
(クリックで拡大)



一般向けの総合ランキング、興味深いね。
 一般向けといっても、女性向けホモやケモノが売れ筋なんだ。
 それに混じってうちの男性向けち◯ぽゲームが食い込んでいる!
 いや、ち◯ぽゲームだから、
 ち◯ぽゲームがぶち込まれている!



「動物の子が可愛いですね♪
 ジュエルペットやとらとらしまのとらじろうみたいに
 同人でも人気があるのですね。
 ――えっ? 動物の擬人化でなおかつホモ!?


「しましまとらのしまじろうです。
にしても、すごい世界を知った。同人って奥が深いなぁ」


ゲイのBLアンソロジー gift』の放つ
”俺らは絶対に勝てない”感!」


このお兄さんに勝てるはずがない
 

「このお兄さんにはぜったい勝てない。間違いない」


「全然『一般向け』じゃないような……。うちも含めて」



お買い上げ、ありがとうございます!





感想とかファンアートとか

2016.01.31 Sunday
JUGEMテーマ:日記・一般



「うちのゲームは、クリア後に登場するリンクからアンケートフォームに飛べるんですが、
 そこから感想をもらったら、ここのページにひっそりと掲載しています
 そんな中、ふられぼ2について、11月28日にこんな熱い感想が!」


まずこのアンケートの「中性」の項目の存在に感動しましたw何たる俺得。

画風が好きだったのをきっかけにプレイ。フリーのギャルゲとしては俺の中では神作クラスです!
TVのお笑いなんかじゃろくに笑わないが
いい具合にツボを突いてくるので
何度も声出して笑いそうになしましたwww

サブキャラの立ち絵が充実していたのも良かったです。
総じて、サブキャラがきちんと存在してる作品は良作が多いような印象を受けます。
外科医に至ってはスチルwww
そういえばこのテのゲームで両親健在一つ屋根の下って
珍しいですよね。地味ですがポイント高いです。
変に鬱っぽかったりご都合(定番)設定だったりしなくて。
全体的に愉快で良かったです、ホント。

筋金入りのフリーウェアフェチで
シェアになかなか手が出ないのですが
(お布施(?)願望はあるが、諸々の手続きが億劫)、
とりあえずフリーの他作品をやってみることにします。
願わくば全編フリーで色んな人にプレイしてもらいたいんですけど、
その辺は作者様の都合や考え方もあるかと存じますので。

本当に、お一人でお疲れ様でした!
それにしても、当方は1人で作ってる人の作品の方がツボにハマるのが多い気がするんですが、
何なんなのやら(知るか




「ここまで激熱の感想を貰えると、とっても嬉しいよね」


「ゲーム作っててよかったーと思える瞬間だよね。
 この感想に気を良くして、ガルパンの劇場版を観に行ったりしてそれも面白かった。
 そして数週間後、実況され始める直前かな?
 Twitterで僕をフォローしてくれた方がいた。
 そして、その方が実況プレイ終了後、お祝いにイラストを送ってくれた。
 それが昨日紹介したこれ!」


「いえーい、お兄ちゃんみてるぅうう!?」


「てっきり実況でうちを知った人かと思ったんだが、
 Twitterでお礼と掲載についてやりとりするうちに、
 11月28日に上記の熱い感想を送ってくれた人だと判明!
 倉下 遼さん、ありがとうございました!
 創作をしている人間には生み出したキャラに愛着を持ってもらえることが何より嬉しい!
 しかも誕生日祝いも兼ねてだって!
 いい年したおっさんの誕生日にプレゼントを貰えるなんてなかなかないぞー!」


「いくつになっても縁は降って湧いてくるし、
 大事にしないとね、というちょっと良い話でした♪」
 






calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM